お知らせ

【フラット35】(住宅金融支援機構が提供する住宅ローン)の地域連携型が開始しました!

 

君津市は、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する、固定金利の住宅ローン『【フラット35】地域連携型』について、令和4年4月1日から開始しました。
【フラット35】地域連携型は、対象事業の対象要件を満たしている方がご利用いただける制度となります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。(君津市公式ホームページ)

 

  • 掲載日:2022年4月20日

住みたい田舎ベストランキングで君津市が上位にランクインしました!

 

宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2022年版 第9回 住みたい田舎ベストランキング」の

首都圏エリア(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)にて、

 

シニア世代が住みたいまち 第5位
子育て世代が住みたいまち 第5位
若者世代・単身者が住みたいまち 第8位
にランクインしました!

 

ランキング詳細はこちら

https://inaka.tkj.jp/archives/13571/

  • 掲載日:2022年4月8日

松岡充さんインタビュー!「通うたびに君津市が好きになりました」

松岡充さん(左)、畑の先生の松本守さん(右)


 

BS日テレ「極上!三つ星キャンプ Season2」にて君津市での週末移住を実践してきたアーティスト松岡充さんに、君津市や週末移住の魅力を語っていただきました。

 


松岡 充(まつおか みつる)

 

1971年8月12日生まれ。

1994年 SOPHIAを結成し、翌1995年にメジャーデビュー。「街」「黒いブーツ」等をはじめ多くの代表作を生み出す。2013年SOPHIA活動休止後、新バンドMICHAEL(ミカエル)を結成。プロデューサー・コンポーザーとして他アーティストの作品も手掛けるなど精力的に音楽活動を行っている。
ドラマ・映画・ミュージカル・舞台の主演作も多く、俳優としても目覚しく活躍し、その演技力を高く評価されている。
写真集出版、小説執筆、プロダクトデザイン、番組司会を行うなど、ヴォーカリストというカテゴライズを超え、多彩な分野で活動するクリエーターアーティストである。

 

松岡充オフィシャルサイト 7zoo7

 

松岡充 出演
ミュージカル「ソーホー・シンダーズ」
出演:林翔太ほか
11/3~12/12 大阪・東京ほか全国7都市で上演

公式HPはこちら


 

『極上!三ツ星キャンプ Season2』 BS日テレ 毎週火曜日 21時から

松岡充さんが自然に囲まれた君津市の家屋を拠点に週末移住に初挑戦。

アーティストならではの発想力でDIYでの囲炉裏作りやガレージのリノベーション、畑作りから収穫など田舎暮らしの魅力をお届け。

 

■ 極上!三ツ星キャンプ Season2の公式サイトはこちら

 


 

 

-番組のはじまり

2020年の11月頃から撮影が始まって放送は年明けからでした。

当初は1クール=3カ月間の週末移住をしてみないかというお話でした。ウィークデーは都内で仕事をして、週末だけ開放されていろいろやってみるという内容でした。

君津市出身の方が番組制作に携わっていたご縁もあって、君津がいいんじゃないかとなって、出演するにあたり、こちらの物件(土地・建物)を初めて見に来ました。

 

 

松本守さんと野菜の状態を確認する松岡充さん


 

-君津市の印象

僕が生まれたのは大阪府の門真市なんですが、幼少期に父方の実家の山口県岩国市に引っ越しました。

実は岩国は君津とすごく似ていて、海が近くにあり、内陸部には豊かな自然もある。海も内海で穏やかな海岸や港があって、緑豊かな山もあるというところが、僕の幼少期の環境にとても似ていて親近感がわきました。

撮影で使わせてもらった物件も幼少期に育った家を彷彿とさせる、昭和感がすごくあったので、毎週末、少しの時間にはなるけれど素敵な時間が過ごせるなぁと期待をふくらませてのスタートでした。

よと言われたので、僕の感覚で、壁に模様を描いたり、天井をぶち抜いて梁を出したり、いろいろやらせていただいて、限られた時間の中で大雑把な感じになったんですが、自由にやらせてもらった最初の3カ月でした。

 

農機具の作動から操作まで全て自身で行う

 

-君津へのアクセス

東京から通わせていただくことになって、最初は遠いかなと思ってたんですが、実際に来てみるとわかりますが、本当に東京の目と鼻の先という感覚で、アクアラインを渡ったらすぐですね。

あまりにも近いから、実は撮影のない日も何回か来ています。畑をチェックしたりしました。テレビ番組の企画だから来られるわけじゃなくて、君津は気軽に足を運べる場所ですね。

 

 

-週末移住・二地域居住をしてみて感じたこと

撮影で使った物件の家賃は月7万円(撮影当時)。月7万円で十分な土地と母屋があって、納屋は好きなようにアレンジして良い。こんな場所を東京をはじめ都市部に住んでいる人が一つの空間として持てるんだったら、人生の幅や価値の可能性が広がりますよね。

もしもこちらに家を買って、本格的に移住するとなると、結構覚悟が必要だと思うんです。

僕も現実的に考えたときに、「仕事に遅れず毎回通えるか」とか「アクアラインが止まったらどうしようか」など、心配事は考えてしまいました。

そういう心配もあるだろうけれど、「週末だけ」「夏の余暇だけ」など、仕事のことを気にせず自由に過ごせる時に来るだけでも、十分楽しく暮らしていける場所だなと思いました。

この番組で初めて畑作業に挑戦してみましたが、本当に大変でした。作物を育てるのはとてもこまめなケアが必要で、時にしんどいと思うこともありますが、東京という世界でも有数の大都市のすぐそばに、受け入れてくれる大自然がここにあって、とても癒されました。住んでいる方の人柄も良くやさしいですし、僕は通うたびに君津市が好きになっていきました。

 

庭で収穫したゴーヤ

 

 

今回は週末移住や二地域居住に関するお話しを掲載させていただきました。
他にも、畑作業の魅力や君津市の方とのご縁など、君津市民の皆さんと移住を検討している方へのメッセージなど語っていただいています。
インタビュー全文の公開も予定していますので、お楽しみにしてください。

 

また、君津市で撮影された「極上!三ツ星キャンプSeason2」放送は終了しましたが、是非Huluでご覧ください!

■ 極上!三ツ星キャンプ Season2の公式サイトはこちら

  • 掲載日:2021年10月15日

株式会社LIFULLが運営する「LOCAL MATCH」に君津市の紹介ページを公開しました!

地方移住者と自治体を繋げる移住プラットフォーム「LOCAL MATCH」に、君津市の特徴や相談窓口、主な支援制度、先輩移住者の声など、地方移住が気になっている方に向けた情報を掲載しました。

「LOCAL MATCH」ではページ内から気になる自治体へエントリーができるなど、地方移住を考えている方と自治体がマッチングしやすくなっておりますので、お気軽にご相談ください。

LOCAL MATCHはこちら

  • 掲載日:2021年6月15日

【5/28更新】LINEでオンライン移住相談!「住まいる!きみつ ON-LINE」再開のお知らせ。

 LINE社の個人情報管理不備事案を受け、令和3年3月19日にLINE移住相談の一時利用停止を行ったところですが、第三者が知り得ても問題のない情報などのみをLINEサービス上で取り扱うことが明確な場合に個人情報等の管理上の懸念が一定程度払しょくされたとの国の判断が示されたことから、利用を再開いたします。

※LINE移住相談の際は個人情報を入力しないでください。

なお、LINEの利用に不安のある方は、電話やWeb会議システムのZoomを使用したオンライン相談も可能ですので、是非お気軽にご相談ください。

 皆様からのご連絡をお待ちしております。

 

 

 【お問い合わせ先】

  君津市政策推進課

  電話:0439−56−1568(受付時間=平日9時から16時)

  メール:seisaku@city.kimitsu.lg.jp

 

 

 君津市では、市LINE公式アカウントの開設にあわせ、移住情報の発信や移住相談の受付を行います。

 使い慣れたLINEで、隙間時間などでの相談が可能となりますので、お気軽にお問い合わせください!!

 

【はじめ方】

1.友だち登録

 以下のいずれかの方法で、公式アカウントの「友だち追加」をしてください。

(1)次の画像をクリック

 

 

(2)次のQRコードを読み込む

 

 

 

(3)LINEの友だち検索で「@kimitsu_city」を検索

アカウント名:@kimitsu_city

 

2.相談方法

 メニュー画面の【移住相談】内にある【チャットで移住相談】を選択し、移住に関する質問に回答のうえ、最後に【チャットをはじめる】を選択してください。

その後、担当職員からお返事をさせていただきます。

※個人情報は入力しないようにしてください。

 

【対応時間】

平日 9時~16時
※対応時間外に頂いた相談に対しては、対応時間内に改めて返信いたします。また、対応時間内でも返信が遅くなる可能性がありますので、ご了承ください。

 

【ビデオ電話機能での移住相談】

LINEのビデオ電話機能を活用した移住相談も行います!

 

「チャットや電話だけでは不安」、「この時期に直接窓口へ行くにはちょっと…」などの理由で相談を控えていた皆さま、是非お気軽にご利用ください!

※事前準備が必要なため、まずは政策推進課までお問い合わせください。上記の対応時間外でも皆さまのご都合に合わせてできる限り対応いたします。

 

3.君津市LINE公式アカウントについて

 君津市では、令和2年7月より市公式のLINEアカウントを開設し、幅広い世代への情報発信を強化しています。

 詳細はこちらをご確認ください。

 

 

 

  • 掲載日:2021年5月28日

県外で働きながら君津市へ引越して来た方の費用を補助する制度ができました!

近年、コロナ禍での新しい生活様式によりテレワークの導入が進められています。

君津市では、テレワークなどを機に移住する方を支援するため、県外で働きながら移住し引き続き県外で勤務する方の引っ越し費用とテレワーク導入の費用について、最大10万円補助する「君津市住まいるきみつ移住者助成金」ができました。

 

東京や横浜から1時間圏内と近く、水と緑が豊かな自然を感じる暮らしができる君津市に来てみませんか。

詳しくはこちらをご覧ください!(君津市公式ホームページ)

君津市位置

  • 掲載日:2021年5月21日

地方物件シェアリングサービス「U-boku」で君津市が紹介されました!

 株式会社ハイスコアが運営する地方物件のシェアリングサービス「U-boku」のWebサイトで君津市が紹介されました。

 記事では「君津市の魅力」や「生活のしやすさ」など、具体的な数字をもとにご紹介しております!

 君津市への移住をご検討の際は、是非ご覧ください。

 

【外部サイト】若者・子育て世代の暮らしやすさ1位!都心へのアクセス抜群! 自然豊かなまち・千葉県君津市に移住してみませんか?

【外部サイト】地方物件のシェアリングサービス「U-boku」Webサイト

  • 掲載日:2021年3月8日

「2020年版おすすめ移住・交流先20選」に君津市が選ばれました!

この度、一般社団法人 移住・交流推進機構(JOIN)が特集した「2020年版おすすめ移住・交流先20選」君津市が選ばれました!

“なにかと「しやすい」まち”として君津市のことが紹介されています。

昨今の状況で都市部から地方への移住の関心が高まっている中、市外に住んでいる皆様のお知り合いにも、ぜひ君津市をご紹介ください!

 詳細は以下をご覧ください。
https://www.iju-join.jp/feature_cont/file/078/<外部リンク>

 

★JOINについて
企業と自治体が力を合わせて地方を元気にすることを目的とした組織です。Webサイト「ニッポン移住交流ナビ」の提供やJOIN 移住・交流&地域おこしフェアの開催、自治体と会員企業の交流会開催を始めとし、移住・交流希望者と自治体、自治体と法人を結びつける手助けとなる様々な活動を行っています。

  • 掲載日:2020年5月28日

「きみつ公式プロモーション動画」が完成!~“きみつ”を空から見てみよう~

 

無人航空機(ドローン)を活用して、これまでと違った視点から君津の魅力を捉えた「きみつ公式プロモーション動画」が完成しました!!!

動画内には、世界で初めてドローンでの空撮に成功したハート型に輝く清水渓流広場(濃溝の滝・亀岩の洞窟)や房総の緑豊かな山々に囲まれた久留里城の様子など、君津の魅力溢れる情景が収録されています。

今まで君津を知らなかった方はもちろん、市民の方でも“アッと驚くような”景色をご堪能頂けますので、ぜひ一度、ご視聴下さい!

 

君津市の公式YouTubeチャンネルはこちら

  • 掲載日:2018年2月14日

「きみつフォトバンク」がスタート!~ステキな写真できみつの新たな魅力を探してみませんか?

君津市には、濃溝の滝をはじめ、九十九谷の雲海久留里城などSNSや各種メディアで取り上げられるような、

ステキなスポットが数多くあります。

今回、新たに開設した、「きみつフォトバンク」は、

そんな魅力溢れる君津の写真を自由にダウンロードできるサイトです。

サイト内の写真は、無料で自由にダウンロードすることができます。

君津市の紹介や観光PRなどにご活用ください。

ハガキ、名刺、壁紙などのほか、商品パッケージといった商業利用も可能です。

なお、利用の際は、ホームページに記載されている注意事項などを守って、正しい用途で使用してください。

「きみつフォトバンク」ホームページはこちら

  • 掲載日:2017年6月1日